トラちゃん

「トラちゃん」と言っても猫の話ではありません、ごめんなさい。

それはですね、我が家で勝手に「トラちゃん」と呼んでいるメジャー・リーガー「マイク・トラウト」の事です。
b0399777_19131008.jpg
この選手です、マイク・トラウト。スタンドで応援するトラちゃんファンは、トラウト(鮭)の付いた帽子をかぶっている。あれ、ちょっと欲しいような・・・
b0399777_19211899.jpg
何故トラウトの話題になったかと言えば。今日、エンゼルスのトラウト(外野手27歳)が2030年までの契約延長を、12年間で4億2650万ドル(約473億円)で合意したと新聞記事で知ったせいだ。

凄いね、トラちゃん。個人の契約としては米プロスポーツ史上最高だそうだ。1年平均でも約3600万ドル(約40億円)に達し、大リーグ史上最高額となる。

流石、うちのトラちゃん(誰がうちのトラちゃんだって?)は、メジャー8年で通算240本塁打を放つなど現役最高の外野手との呼び声が高い。2012年に新人王を獲り、2014、2016年にはアメリカン・リーグ最優秀選手に輝き、オールスター戦には昨季まで7年連続で選出されている。

フリーエージェントとなる2020年のオフを前に、この長期契約を結んだエンゼルスも、なかなか良いチームじゃありませんか。手放したくないのは勿論だろうけど、10年契約というのは選手にとっても嬉しいよね。

トラちゃん、まだ27歳だし、まだまだ大活躍しそうでとっても楽しみ。


そのトラちゃんと同じエンゼルスには、言うまでも無く、我らが大谷翔平もいるし、メジャーリーグで通算3000安打、600本塁打を達成している最も偉大な現役選手の1人、アルベルト・プホルスもいるのだ。
b0399777_19132007.jpg
カッコいいですね、ブホルス。

因みにプホルス(Pujpls)は「プーホールス」とも「プーホルス」とも呼ばれているものだから、うちでは「プーちゃん」と呼んでます。

ドミニカ出身だから、スペイン語読みでは「プホルス」でしょうかね。だけどうちでは「プーちゃん」としか呼びませんけど。

このプーちゃんも、2011年に相当な大型契約をエンゼルスと結んでいる。だけどもう39歳、怪我も多くなって来て万全な状態ではないようだ。

今シーズンは大丈夫なのかな・・・と大谷の状態を心配するのと同じに、心配しているのです、うちのプーちゃん(どこのプーちゃんだって?)を。

大谷の試合をいつも観ていたら、ついついエンゼルスの試合を常に観る結果となり、うちの「トラちゃん」「プーちゃん」などご贔屓が出来てしまったのでした。

まあ、総じてエンゼルスの選手には好感を感じている。

しかし守備が下手な外野手のアップトンなんかは、申し訳ないけどあんまり好きじゃない。そもそもフライを取る気が無いんじゃないかと、いっつも思う。アップトンのエラーを見る都度、「アップトン、バカ!」と、夫と私は同時に叫ぶ。

いつから私は野球が好きになってしまったのだろう?【球辞苑】も毎回楽しみに観ているし。







by kazue_gomajam | 2019-03-20 19:34 | スポーツ(観戦・選手など)

たくさんの猫との暮らしや思い出、日々の雑感、食べる事などの日記です。


by kazue_gomajam