質の高い吹替で楽しむ海外ドラマや洋画

b0399777_21025568.jpg
[ガラ:猫の話もしなさいよね~]

まあ、ガラちゃん、いつかはね。1999年からずっと、た~~~くさん猫話をして来たから、今はちょっとお休みしてんの。今はそういう時にしているの。許してちょ。


一昨日、【刑事コロンボ】の「忘れられたスター」では、ゲスト・スターはジャネット・リーだった。ゲスト即ち犯人役なのだけど。

この1話は、なかなか泣かせるストーリーだ。と言っても、あらすじは今更書くまでもない程、有名なシリーズの中でもとりわけ人気の高い1話だから、これ以上は触れない。

感心したのは、ジャネット・リーが老いても美しく、体系も若い頃と変わらないでいた事だ。
b0399777_20102236.jpg
自分が若い頃には気づかかったけど、自分も老いてくると「流石に一流スターは違うもんだ」と恐れ入った。勿論、常人とは比べ物にならない努力もしているに違いないのだが、そのモチベーションの維持だけでも凄い。強い精神力も必要だ。

だけど、この時のジャネット・リー・・・実はお婆さんという程の老齢ではなかった。まだ50歳前のようで・・・やっぱり白人は老けるのが早いのか。それとも痩せ過ぎは老けて見えるのか。或いは老けメイクしているのか。


ちょっと脱線させて戴くが、いまどきの日本の芸能人は、殆ど全てが整形していて、みんな同じような顔をしている。個性も魅力もない。彼女たちは皆、ギリシャ彫刻のようでありたいらしい。バカだなあ・・・と思う。

そういう稚拙な精神の俳優たちの出るドラマなど、申し訳ないがとても観る気にならない。多少の欠点があっても、美しい人は美しいし、あそこまで極端に痩せている事が、むしろ魅力を損なっている事には決して気づかないのだろう。

魅力というのはアニメのヒロインのような、目が大きく鼻が線のように細く高く、顎が尖った顔をした女性ではない。でも、好きにすれば良い。西洋へのコンプレックスからスタートして整形ばかりしたところで、日本独自の自信や個性、パワーにはつながらないのにな。ホントに残念。




老女優を演ずるジャネット・リーの吹替えは、鳳八千代であった。とても上手かった。

鳳八千代の吹替えで思い出すのは、【アボンリーへの道】のヘティ伯母さんだ。ジャッキー・バロウズ演ずるヘティ・キングに素晴らしい吹替えをしていた。
b0399777_20114238.jpg
【アボンリー】での、あの厳格で頑固なオールド・ミスの教師の吹替えも素晴らしかったし、【コロンボ】での無邪気にはしゃぐ愛すべき往年の女優の声も素晴らしかった。日本の吹替え文化っていいな・・・といつも感じる。

字幕よりも情報量は多いし、むしろ本人よりも本人らしい声であるような気がする俳優もいっぱいいる。


ところでジャネット・リーで思い出した事があった。

ヒチコックの【サイコ】で、シャワールームで殺されてしまう役を演じていたジォネット・リーと、ビリィ・ワイルダーの【お熱いのがお好き】でジャック・レモンと一緒に女装していたトニー・カーティスの間に生まれた娘。

その娘というのがジェイミー・リー・カーティスなんだけどね(”リー”も”カーティス”も付いた美味しい名前だよね)・・・美男美女の両親とちっとも似ていないような気がしていたんだけど、そんな事はないのね。ちょっとゴツくて両親と比べて顔も格段に長いけど、やっぱり父親にも母親にもそっくりだ。
b0399777_20094390.jpg
それに、映画デビューの頃の矢鱈と叫んでばかりの、若いだけでつまらない女優だと思った頃と比べ、歳を重ねる毎に確固たるアイデンティティを見せられるようになっているし、渋さも逞しさも美しさも備えた素敵な女優になったと思う。

ほら、そっくりよね。


これが【サイコ】の時のジャネット・リー。綺麗ですよね。もっと美しく撮れているスチル写真は一杯あるんだけど、やっぱり知名度が高いのは【サイコ】だと思うので・・・
b0399777_20095962.jpg
これは父ちゃんのトニー・カーティスね。
b0399777_20100932.jpg
写真を並べて見ると似ていないようでもあるけど、ジェイミー・リー・カーティスの顔だけ見ていると、ちゃんとそっくりな面影がありありと・・・


ここで自分の事を言うのは憚られるけれど、私と妹も、父にも母にも似ている。しかし母は押しも押されもしない美人であったのに、私達は・・・う~ん、ほんの若い時だけだったね。

しかし妹はいまだに、30歳くらい年下の男性からプロポーズされたりする位だから、見る人によっては若くて魅力的なのかも知れない。

ま、姉の私にとっては、いつまでだって小さくて世界一可愛い女の子なのは確かだけどね、実際には私と3つしか違わない訳で、背丈も私よりずっと大きい。

ま、私が晴れてあっちで暮らせる頃には、立派に「老姉妹」・・・ってところですかね。それでも私には、妹は永久に子ネズミのように小さくて、目のクリクリした可愛い妹なんだけど。

by kazue_gomajam | 2019-03-18 21:07 | TV番組

たくさんの猫との暮らしや思い出、日々の雑感、食べる事などの日記です。


by kazue_gomajam