北欧風ミートボール再び

朝のうちに作っておいたミートボールを、昼にクリームソースで和えて、バターと茹でたかき菜でサッと炒めたパスタと共に食す。
b0399777_15225124.jpg
ミートボールは、ほぼハンバーグと同じ作り方。合い挽き肉に炒めた玉ねぎとパン粉と玉子、ナツメグとクローブ、黒胡椒をよく混ぜて、小さく丸めて焼いてます。

クリームソースは、ホワイトソースと生クリーム、牛乳とを混ぜています。そこに焼いたミートボールを投入し、ほんの少し煮込む。味を絡ませる程度ね。

盛り付けて冷凍しておいた刻みパセリを振る。ホトンは刻みたてで掛けたいのだけど、パセリを買うのが早過ぎたので、水に挿していたけど直ぐに萎れてしまうので、刻んで冷凍してしまった。

また今年もベランダでパセリ苗を育てたい。いつでも使いたい時に採れるように。


お味の方は・・・と言うと、バターや生クリームをたっぷり使っているし、ミートボールだって丁寧に作ったから美味しいに決まっているけど、実は改めて写真を見るのも嫌な位、食べ過ぎてしまった。

歳のせいだと思いたくはないけど、脂っこいから直ぐにお腹が一杯になってしまったのかも知れない。この半量で充分だった。


或いは、昼は美味しい麺と汁だったら、冬はかけうどん、夏はざるうどん程度で満足かも。ちょっと前までは、そんな事は絶対にあり得なかったのに。

以前は一度の食事に色んなものを食べたいと思っていたし、うどんならば最低でもかき揚げくらい付けたかった。それとも天丼に添える汁代わりのかけうどんだ。

今ではそれは無理になってしまった。それをするなら、半量ずつにしなければ。

だけど困った事に、身体の老いに頭の老いが付いて行っていない。いや、言いたい事は、頭がまだ若い頃のように冴えているという意味ではないのよ。全然そんな事は無くて、充分頭も衰えているのだけど、意欲がまだ萎え切っていないのだ。

ここで言うところの「意欲」とは野心的なものではなくて、単なる「食欲」ね。

もっと食べられる、もっと食べたいという意欲が勝り、いっぱい作ったり買ったりしてしまう。そろそろ食べたいという欲が、少し萎え始めて欲しい。ギャップがあるのは何かと辛いから。食べたいのに食べられないなんて。

でも、きっと私の歳の人と比べたら、今でも倍近くかそれ以上は食べているだろうけどね。

スミマセン、昔は晩ご飯に二人で3合飯食べていたから、今は霞を食う仙人になったような気がしているけど、とんでもない、まだ肉体労働者の食事ね。
b0399777_21401182.jpg
[ペロ:そうだよ、そうだよ]


by kazue_gomajam | 2019-03-17 21:41 | 料理・食べる事

たくさんの猫との暮らしや思い出、日々の雑感、食べる事などの日記です。


by kazue_gomajam
カレンダー